神奈川地域密着の不動産会社オススメサイト

HOME > 不動産情報 > 知りたい!神奈川地域の不動産賃貸事情

知りたい!神奈川地域の不動産賃貸事情

関東地方の中でも、神奈川県は非常に人口が多いところになります。日本の都道府県の中の人口も東京と大阪に次いで3番目に多いのが特徴です。
これは、様々な条件がありますが、歴史的にみても江戸時代位から人口が多かったと言う理由があります。また、貿易の街として栄えていましたので、自然に人口が増えてきたと言う理由もあります。さらに、東京から近いと言う理由も大きいでしょう。東京に通勤をする場合、横浜か川崎あたりでは中心部に行くのも1時間はかかりません。もちろん同じ県内の中でも、横浜や川崎を除けばするほど人口密度が高いわけではありません。では不動産事情はどうでしょうか。
どのぐらいの地価になっているかや賃料がどれぐらいになっているかということが気になるでしょう。

賃貸住宅を借りる場合は、場所によって賃料が大きく異なります。
例えば横浜市の中心地では20平米のワンルームマンションであっても月の家賃が8万円を超える所も珍しくありません。また、3 LDKで70平米位のマンションであれば12万円位が平均的な料金になります。ですが、中心地を離れると、それほど高くないのが特徴です。同じ横浜市は川崎でも、市のはずれのでは、20平米のワンルームであれば月の家賃が5万円台で借りることができます。家族住まいの3LDKのマンションであれば、月の家賃が8万円位になることを決して珍しくはありません。
新築マンションでもそれぐらいの家賃で借りることができます。このように、県内であっても地域によって大きく異なります。

では、一戸建て住宅の場合はどうでしょうか。一戸建て住宅を借りる場合、横浜市や川崎市周辺では100平米位の面積の住宅が多いですが、駅から徒歩10分ぐらいのとこでは土地にあまり余裕がないところが多く、70平米位のところが多くなっています。
ただし、駅の近くではあまり一戸建てで貸してくれる住宅は多くないのが特徴になります。特に、新築の一戸建て住宅はなかなか貸してくれるところがありません。一戸建て住宅を貸す場合、あまり利回りが良くないからです。わざわざ貸すために建築をする事は滅多にありません。ただ過去に住んでいた人が引っ越しをして不動産投資として物件を貸してくれる場合がありますので、よく探してみるとちょうど良い物件があるかもしれません。
中心地から少し離れたところであれば、空き家等が多く、一戸建て住宅のレンタルも決して少なくはありません。
賃料は中心地から外れたところであれば、8万円位のところが多くなっています。

次の記事へ